全国大学選抜相撲宇佐大会の応援

全国大学選抜相撲宇佐大会の応援

5月3日(祝日)第35代横綱双葉山の出身地大分県宇佐市(宇佐市総合運動場相撲場)で行われた第57回全国選抜相撲大会に出場した同志社大学の応援に、三重野支部長以下4名で参加しました。

 

 

 

出場チームは全国の大学から選抜された12校で、団体戦、個人戦がおこなわれ、団体戦は予選リーグで敗れ決勝トーナメントに残れず、個人戦はベスト16に2名が入りました。

 

 

 

大分県校友会旗を応援席正面のフェンスに設置し、取り組みの選手には励ましの声援を送りました。試合前には相撲部副部長に激励のあいさつ、試合後には選手全員と交流しました。